カートリッジ交換について

浄水器のカートリッジ交換は大切です

 

浄水器のカートリッジ(フィルター)交換は大切です。

 

当たり前じゃないか!と言われそうですが、統計によると実に多くの人が、カートリッジの交換時期を過ぎても使い続けているそうなのです。

 

まあ、数カ月前のことですので、忘れてしまうこともありますし、カートリッジは意外と高いので、「まだいいか?」なんてお考えの方もいると思います。

 

もちろん私もそんなタイプなのですが(笑)、それが大きな間違いだと最近気が付きました。

 

 

カートリッジ交換で、水の味が劇的に変わった!

 

私は自宅で蛇口直結型の浄水器をつけていますが、普段の飲料水用にはポット型浄水器を一つ冷蔵庫に入れています。

 

なぜ2つか?といいますと、蛇口直結型は常温で飲む飲料水用、そして料理用として使っています。

 

うちでは、妻と子供が常温で水を飲むのです(真夏でも)。

 

ですが私は飲料水は冷たくくないと嫌なので、ポット型が必要というわけです。

 

 

そういう理由ですので、ポット型浄水器を使うのは家族で私一人。

 

そこでこの前、やってしまったのです。

 

そうです、1か月以上のカートリッジ交換時期オーバー。

 

 

しかも私は自営業なので、1日に規定されているメーカー発表の水量より多くを飲んでいます。

 

なので実際は、2カ月ぐらいのオーバーだと思います。

 

 

そしてその時どうだったのか?

 

オーバーしている時期を今思い出すと、最初の頃はなんかマズイなと思うようになりました。

 

具体的にいうと、苦いような味が少しするのです。

 

最後のほうは、完全に苦みの他に、何かすっきりしない後味が残るようになりました。

 

これはもう我慢ならないレベルです。

 

この苦みや後味が、何から来ているのかわかりませんが、おそらく指定除去物質の何かだと思います。

 

 

そして我慢の限界が来てカートリッジ交換をした後、どうなったか?

 

一言でいうと「透明感」ですね。

 

水道水VSミネラルウオーターのような、段違いの差を感じました。

 

 

浄水器カートリッジ交換
(今回交換したカートリッジ。意外と大きいです)

 

 

それでも、もちろん水道水をそのまま飲むよりはマシなのです。

 

試したのでわかりますが、水道水<期限オーバー水<通常の浄水 という感じですね。

 

 

これはかなりはっきりわかるので、ぜひ皆さんも浄水器を使ってください。

 

特にカートリッジ交換時期を経験することで、水の味が分かる人間になります。

 

ミネラルウオーターの味の違いなんかも分かるようになりますよ。

 

 

 

page top