浄水器比較のポイント

浄水器を比較する際の重要ポイント

今回は浄水器を比較する際のポイントを解説します。

 

まず浄水器を比較する場合というのは、同じようなタイプ、同じような価格、でも違いがわからないという場合に限られます。

 

放射能はもちろん、全ての不純物を100%近く除去する大掛かりな浄水器なんて、通常一般家庭には必要ありませんよね。そしてこういうタイプの浄水器と蛇口に簡単に取り付けられる浄水器を比較しても、それは意味がありません。

 

浄水器を比較する際は、どんな浄水器を探しているのか?ご自身の希望は何なのか?を、ハッキリ決めてから製品の比較に入りましょう。

 

ここからわからないという方はこちら=浄水器の選び方を、まず御覧ください。

 

比較

 

同タイプ・同価格の比較ポイント

 

ここからが本番です。

 

同じようなタイプで、同じような価格、でもメーカだけが違うとか、同一メーカーだけど品番・商品が違うという場合の比較ポイントを挙げます。

 

その前に基本的にここ数年以内に発売されている浄水器で、1万円以内のものの「ろ過性能」は、どれもほとんど変わりません。

 

「え〜、なんだそれ?」と思われますよね(笑)、ですが実際そうなのです。ですので例えば蛇口直結タイプの浄水器ですと、浄水協会とJISが定めた15物質は、大手メーカーのものならほぼ全てが除去対象になっていますし、ろ過流量も毎分1.6Lがほとんどでしょう。

 

さらにフィルターの交換目安も90%は600Lになっていると思います。これはどのメーカーでもほぼ同じ、まるで規制か条例でも有るように感じますが、そういうことではないようです。

 

では蛇口直結型の場合、価格差はどこからくるのか?

 

これは主に使いやすさ、ユーザビリティの違いです。簡単に言いますと、高価なものはシャワー機能があり、水流が滑らかであったり、フィルターの交換時期が液晶パネルに表示されたり、現在の水量がわかったりと、いわゆる付加価値に対する料金ですね。

 

ちなみにそんなの安いほうが・・・と考え、価格で決める場合が多いのは浄水器歴の短い方。

 

浄水器が普通だと思っているベテランの方は、シャワーの水流にこだわる傾向があります。実は私もここにこだわります(笑)。

 

だってこれ、すごくいいですよ。シャワーはもちろんですが、水流を整えられる少し高価なタイプは、全然水ハネしませんし、水量も多いです。

 

これ使ってみるとわかりますが、この細かい技術、日本の会社って凄いなぁと改めて感じます。

 

 

据置型の比較ポイント

 

据置型の場合、価格帯がもう少し上がりますね。

 

具体的には15000円〜50000円ぐらいが多く、10万円前後のものも少なくありません。

 

この据置型の価格差はろ過性能が少し関わってくるのですが、それでも変わるのはろ過そのものの能力ではなく、時間あたりのろ過量です。

 

ですがこのタイプの一番の違いも、蛇口直結と同様、付加価値になります。

 

据置型は蛇口直結より多くの付加価値がつけられますので、ここを重視するのは当然でしょう。いや、この付加価値があって、浄水器でもあるといった感じかもしれません。

 

このタイプですと、人気があるのは整水器と呼ばれるタイプですね。アルカリイオン水だったり、水素水だったりです。

 

健康にも良いということですし、単純に浄水器としての能力も高いのでアルカリイオン水を作る、パナソニックのものが特に人気が高いですね。

 

こちらから=パナソニック整水器

 

 

以上のような理由から、浄水器の比較ポイントは、基本的に付加価値のどれを選ぶか?だと思います。

 

あと蛇口に取付可能か?も注意してください。

 

 

 

page top