浄水器 蛇口取付の可否

浄水器 自宅の蛇口に取付可能か調べるカンタン方法

蛇口直結型の浄水器の場合、ご自宅の蛇口に合うかどうか?は大きな問題です。

 

日本の水道の蛇口には一応規格があり、主にA〜Dの4サイズにわかれています。 ですが「一応」と書いたように、日本には国内規格外の蛇口も数多く見られます。

 

特にマンション等にそういった蛇口が多い傾向に有るようです。 傾向といえば、古い日本式のキッチン用蛇口の場合、ほとんどが適合します。

 

浄水器 蛇口

 

 

A〜Dまでの蛇口サイズとは?

 

このA〜Dまでに該当する4タイプの場合、大手メーカーの蛇口型浄水器なら、ほぼ対応していると言えるでしょう(要確認)。

 

そこでこのA〜Dですが、この規格の詳細を日本を代表する浄水器2大メーカー、「東レトレビーノ」と「三菱レイヨンクリンスイ」が、わかりやすく解説しているので見てみましょう。

 

まずトレビーノは公式サイトのサポートページで細かく解説しています。

 

こちら=トレビーノ蛇口直結型の取り付け方法

 

 

そして三菱レイヨンクリンスイは動画で説明しています。

 

こちら↓

 

これでだいたいお分かりになったと思います。

 

基本的には、どこでもよく見るような蛇口ならどれもOKということですが、実際に購入するとなると、人間「ウチのは何か違うような気が・・・」みたいになるものです。

 

ではどうやって確認するか?について解説します。

 

 

蛇口の直径を測ろう

 

これはカンタンです。 スケールを使って実測すればいいのです。

 

ここで計測する場所は2箇所。

 

1つは当然蛇口の直径。 そしてもう1つは蛇口の先端が盛り上がっている場合の幅です。

 

盛り上がりの幅とは、そこまでのパイプの太さよりどれだけふとくなっているか?ではなく、太くなった箇所の長さのことです。

 

太くなっている部分は直径で測れますので、そこではなく帯の部分ですね。

 

ココをなぜ測るか?ですが、これは最後の手段でメーカーに問い合わせた場合に、先方に聞かれることだからです。

 

もうお分かりですね、直径を測れば上記の動画か解説ページで判断できます。

 

でももし直径があっていなければ、そこでムリだと判断するのではなく、最後にメーカーのサポートセンターに直接電話をして問い合わせるのです。*サポートセンターの番号は商品ページにあります。

 

これが最も確実な方法なので、蛇口の直径を計ってすぐに電話でも良いと思います。

 

私も問い合わせた経験がありますが、大企業らしく素晴らしい対応でした。すごく親切に女性のオペレーターの方が教えてくれました。

 

 

何で測ればいいのか?

 

先程も書いたように、スケールで測るのがカンタンでしょう。

 

または裁縫用のメジャーでも良いと思います。。

 

スケールにしても裁縫用のメジャーにしても、今は100円ショップに必ず置いてあります。

 

プロ用でなくて、100円ショップのもので十分ですので、お持ちでないなら使ってみてください。

 

 

page top