アサヒ おいしい水 最安値

アサヒ おいしい水 最安値

[2CS] アサヒ おいしい水 富士山 (2L×6本)×2箱

 

アサヒ おいしい水の情報です。

 

アサヒおいしい水といえば、東京では「富士山」ですね。

 

普通にどこでも見かけるメジャーなミネラルウォーターです。

 

ですがアサヒおいしい水には富士山の他に六甲という採水地のシリーズも存在します。

 

こちらは基本西日本での販売(富士山が東日本)という感じで分けられています。

 

この理由は単純に採水地からの距離の問題です。 そしてもちろん通販であれば関東の方が六甲を購入することも可能ですし、関西の方が富士山を購入するのも問題なく可能です。

 

 

アサヒおいしい水のスペック

 

アサヒおいしい水の概要、今回は富士山についてご紹介します。

 

まず分類はナチュラルミネラルウォーター。

 

エネルギー、脂質、タンパク質、炭水化物は全て0。

 

ナトリウム=0.5〜0.94mg カリウム=0.06〜0.13mg カルシウム=0.85mg マグネシウム=0.24mg

 

硬度30の軟水です。

 

このスペックを見ると、平均的な日本のナチュラルミネラルウォーターと言えます。

 

まあこれは日本のナチュラルミネラルウォーターの多くが同じ富士で採水されているという理由からです。

 

そして注目すべきは、このスペックが日本人に非常に好まれているということでしょう。

 

お茶もコーヒーも、赤ちゃんのミルクも、そのまま飲むにも日本人が大好きな味と硬度といえるでしょう。

 

ちなみに六甲は、富士よりほんの少しだけ硬水に偏ります。 ですがレベルで言うと、取るに足らない数値ですので、こちらも日本人好みの軟水と言えるでしょう。

 

 

富士山と六甲の違い

 

アサヒおいしい水の富士山と六甲、どちらも選べるなら、どちらを選べばいいのか?

 

何か決定的な差があれば、そちらを選択したいですよね。

 

ですがスペックでに書いたように、そこまでの差は両者に存在しません。

 

 

ただ口コミを参考にすると、一応の判断基準が見えてきます。

 

これは今までも何度か書いていることですが、現在もなるべく福島から遠い採水地を選ぶという人は少なくありません。

 

こう書くと「風評被害だ」とか言われそうですが、これは統計上数字にあらわれている傾向です。

 

そしてミネラルウォーターの口コミ・レビューには、必ず出てくるポイントでもあります。

 

消費者の動向がはっきりしている以上、わざわざ無視することはありません。

 

そこにこだわる方は、しっかりチェックするべきと私は思います。

 

 

アサヒおいしい水の激安情報!

 

それではアサヒおいしい水 富士山・六甲の最安値情報です!

 

アサヒおいしい水 富士山

アサヒおいしい水 六甲

page top