クリスタルガイザー

クリスタルガイザー 最安値

シャスタ産 クリスタルガイザー 500ml×48本 [並行輸入品]

 

クリスタルガイザーは、日本で一番人気のある外国産ミネラルウオーターです。

 

人気の理由は、おそらく欧米産のミネラルウオーターとしては珍しい、
「軟水」であることから、日本人の口に合うということだと思います。

 

ミネラル成分は十分に含みつつ、口当たりは柔らかく、硬度的にも
お年寄りから赤ちゃんのミルクまで幅広く、安心して飲むことが出来ます。

 

こういう点からクリスタルガイザーは、日本の消費者にとって、
国産のミネラルウオーターに近い存在なのかもしれません。

 

 

そしてもう1つ日本で売れている理由は、500mlのミネラルウオーター
ボトルとして、非常に格安だということがあげられるでしょう。

 

世界レベルのミネラルウオーターがこの価格というのは、
人気が出て当然だと思います。

 

 

 

クリスタルガイザー 48本 最安値

 

まずクリスタルガイザーの最安値情報から行きます!

 

これはもちろん「送料無料」ですから、本物の最安値です。

 

内容はクリスタルガイザー500mlの48本入りです。
販売はAmazon、1本単価は37円(時期により多少変動します)。
そして現在アマゾンでは人気のシャスタ産に限定されています。

 

最安値の詳細は↓

 

 

クリスタルガイザー大塚食品・正規品 最安値

 

もう1つ、こちらは並行輸入ではなく、日本の正規販売ルート品、
大塚食品のクリスタルガイザーです。

 

早速最安値をご紹介しますが、こちらは500mlX24本です。
*1本単価=69円

 

最安値↓大塚食品正規品・送料無料!

 

 

 

 

こちらも採水地はシャスタ限定になっています。
並行モノとなにが違うのか?と思いますが、実際は同じだそうです。

 

これはクリスタルガイザーも大塚食品も、アメリカ国内で出回っている
クリスタルガイザーに、日本仕様のラベルを貼っているだけだと
発表しています(現地でのボトリング)。

 

たまに口コミ等で味の違いをレビューされている方を見ますが、
同じ採水地、同じボトル、同じ施設でも、ほんの僅かな風味の
違いが出ることもあるということでしょう(もしくは勘違いか)。

 

 

 

クリスタルガイザー 産地

 

クリスタルガイザーの産地は、アメリカのカリフォルニア州です。

 

カリフォルニア州といえば、ロスアンゼルスなど大都市のイメージもありますが、
非常に広大ですので、数々の国立公園は山脈から氷河の流れる渓谷と、
日本では考えられないような巨大な自然を有しています。

 

そして日本でよく問題にされるクリスタルガイザーの産地ですが、
クリスタルガイザーの採水地はカリフォルニア州の中に2つ、
1つはシャスタ、そしてもう1つはオランチャ。

 

この2つは場所的にはそれほど遠くないのですが、硬度や成分が
わずかに異なっています。

 

ただしこのサイトでご紹介しているクリスタルガイザーは、全てシャスタ産で
統一されています。 最近までアマゾンではこのシャスタ産、オランチャ産の
両方が混在していました。 ですが現在はシャスタ産のみのページが
ありますので、このサイトではシャスタ産限定でご紹介しています。

 

ちなみにシャスタ産のほうが、わずかに硬度が低いので、日本人には
好まれる味だと思います。 そしてオランチャ産から、技うかなヒ素が
検出されたというニュースが過去に有りましたが、それも全く問題のない
レベルでした。

 

*水道水にもヒ素クラスの有毒物質はいくらでも混入しています。
ですがごく微量で、生涯飲みつづけても問題ないレベル、
オランチャの話もこれと全く同じです。
水道水の有毒物質の詳細は=特に注意が必要な有害物質

 

古い情報を未だに語っている方もいるようですが、クリスタルガイザーにとっても、
オランチャにとっても、日本のAmazonにとっても、そんな事はすでに過去の話です。
どうぞ安心してください。

 

 

 

page top