サントリー天然水 通販最安値

 

[2CS] サントリー 天然水(南アルプス) (2L×6本)×2箱

 

 

サントリー天然水の通販最安値情報です。

 

まずサントリー天然水には3種類あります。

 

違いは採水地ですが、これによって成分も違ってきますので注意が必要ですね。

 

ただし採水地はもちろん全て日本国内ですので、飲みやすい軟水であることには、どれも違いはありません。

 

それではこの3種類の最安値をご紹介します。
全て送料込みの価格ですので、表示価格で玄関まで配達してもらえます。 嬉しいですね♪

 

*最近特別取扱手数料というのが付いている場合があります。350円程度(アマゾンプライム会員は無料)です。
ですがこの金額を入れても十分安いです。

 

 

南アルプス

奥大山

阿蘇

 

 

 

採水地での違い

 

サントリー天然水の採水地での違いに大きなものはありません。

 

人気なのは南アルプスですが、これは私が東京に住んでいるのでいつも見ているのが南アルプスだということです。

 

そして東京など東日本のお店は南アルプスを置いているので、人口の関係から一番売れているというだけだと思います。

 

ですがネットでは奥大山の価格が安いことが多く、他のミネラルウォーターと比較しても格安です。

 

サントリーのお水低価格で飲めるということで、最近はこちらも大人気ですね。

 

そういった理由ですので、奥大山はネット中心に人気があります。

 

そして表示価格もやや高めの阿蘇は、東日本ではあまり流通しておらず、その理由から価格も高くなってしまっています。

 

 

奥大山と阿蘇が東日本で売れている理由

 

阿蘇は東日本にあまり流通していないと書きましたが、一部では高い人気を誇っています。

 

もし課すると価格が下がらないのも、この人気が要因の一つなのかもしれません。

 

その理由とは採水地にあります。
「原発事故現場の福島から遠い採水地を多くの人が選んでいる」という理由からです。

 

この理由、説の信憑性は私にはわかりません。
そしてこのサイトで「私は国の発表を信じる」と何度か書いているように、私の考えと、この説は正反対の形になっています。

 

 

ですがお子様のいらっしゃるご家庭や、お体の弱い方が同居されているご家族では、そういうお考えがあっても当然と思います。

 

ですのでその考え事態は、風評被害などとは別のものとして考えるべきだと私も思います。

 

そして確かに奥大山と阿蘇は原発事故現場から遠い。
南アルプスに比べれば、安全性は高いと考えるのもある意味普通でしょう。

 

そういった理由から、現在は東日本でも銘柄指定で注文が入っているようです。