ポット型浄水器

ポット型浄水器 おすすめは?

ポット型浄水器が最近人気ですね。

 

水道水を入れて冷蔵庫に入れておけば、1〜2時間で浄水完了!冷たくてオイシイお水が飲めるということで、ご家庭から一人暮らしの学生さんまで大人気です。

 

ポット型浄水器が人気なのは、この手軽な使い方と共に、低価格というのもあると思います。

 

さらに現在の浄水ポットはインテリアをも意識したデザインになっていますので、若い人に好まれます。

 

また来客時も「浄水した水です」ということを、見ただけで伝えることができるので、おもてなしにも最高の効果を発揮してくれます。

 

 

ポット型浄水器の人気メーカー比較

 

このサイトでは今までにポット型浄水器の人気ブランドをいくつかご紹介してきました。

 

例えば東レ・トレビーノや、ブリタがそうですね。

 

世界的に見るとブリタのポット型浄水器が人気ですが、日本では三菱レイヨン クリンスイや、東レトレビーノが人気のようです。

 

ポット型浄水器はほとんどの浄水器メーカーから発売されていますが、大手通販会社の人気ランキングを見ますと、1位=三菱レイヨン・クリンスイ、2位=東レトレビーノ、3位=ブリタ、というふうになっています。

 

まず浄水能力は、ほとんど変わりません。特別優れているということもないので、大手メーカーのものなら、どれも問題無いとお考えください。

 

価格的に比較しますとブリタがやや高め、三菱レイヨンクリンスイと東レトレビーノは同価格帯となっています。

 

フィルターの価格についても、本体とほぼ同じ傾向があります。

 

次にデザインですが、三菱レイヨンクリンスイと東レトレビーノ、パナソニックなど日本メーカーのものは、やや薄めの円筒形が多く、海外製のブリタは平べったくて上にいくほど広くなる形状のものが主流です。 ただしどのメーカもいろいろな形・デザインの浄水器を発売しているので、デザイン的な特徴はあまり考慮しなくていいかな?と思います。

 

ただ選ぶときには、ご自身の冷蔵庫の形状をよくお考えの上決定してください。特に冷蔵庫のサイドポケットに収納したい場合は、円筒形のポットが有利です。ここはよくお考えになってください。

 

最後にサイズですが、これも各メーカー揃っていると言えるでしょう。 1L前後のものが最も多く、大容量ですと2Lのものもあります。 使用頻度にもよりますが、衛生面を考えると、1Lぐらいが調度良いと思います。4人家族以上で2Lでしょうか? もちろん作りおきで、別のピッチャーなどに移すことも出来ますので、1Lでも十分使いまわせると思います。

 

 

私のオススメ・ポット型浄水器

 

最後に私のおすすめ機種を3つご紹介します。

 

私のオススメする基準は、小さめの冷蔵庫でもサイドに入りやすい形状(これ非常に大事です)、見た目に清潔感があり、食卓に並べてもオシャレな事。フィルターがいつでも手に入り、早期の販売終了などの危険性が無いこと(人気機種なら大丈夫ですよね)。 以上です。

 

 

それでは一番のおすすめが
こちら↓

 

こちらは容量0,9Lと少し小さめですが、なにより冷蔵庫の場所を取らないので、私はずっと使い続けています。
フィルターも三菱レイヨンクリンスイで最も人気のあるタイプで格安です。
味も完璧、サイズさえ合えば最もおすすめできる浄水ポットだと思います。

 

 

次にオススメなのが
こちら↓

 

こちらはパナソニック製で1.2Lタイプです。
この浄水ポットがなぜオススメか?と言いますと、このポットにはお水の硬度を和らげる能力があるからです。
これは見逃せない能力です。特に赤ちゃんのミルク用、もう少し大きくなった場合のお水、お年寄りのお茶、コーヒーなどに使えば絶大な効果を発揮します!
この軟水化能力は、必要な方には最高のプレゼントになるでしょう。

 

 

最後に大容量タイプのおすすめです。
こちら↓

 

こちらはブリタの2Lタイプです。
大容量の場合はブリタがやはり良いですね。デザイン性もバッチリですし、フィルター交換時のレベル表示、持ち手の楽さなど、海外製でも意外なほどきめ細やかな配慮がされています。

 

 

ということで、タイプ別に特長ある3機種をおすすめポット型浄水器としてご紹介しました。

 

 

 

三菱レイヨン クリンスイ CP207WT

三菱レイヨンクリンスイのポット型浄水器・大容量を買いました。

 

買ったのは「三菱レイヨンクリンスイーCP207WT」

 

こちら↓

 

 

なぜ先ほどおすすめしたブリタではないか?と言いますと、私の持っている1Lタイプの三菱レイヨン・クリンスイ ポット型浄水器と、フィルターが共通だからです。

 

1Lサイズと2Lサイズでもフィルターが同じというのは、いくつか持っていると大変助かります。

 

これってメーカー側もコスト的に有利ですよね。

 

 

そんな事より、1L前後のポット型浄水器を愛用していた私が、なぜ2Lタイプを追加購入したかといいますと、夏に従兄弟の学生がゼミのために家に泊まりに来るからなのです。

 

1人分多めの水が必要になったというわけです(笑)。

 

使ってみて気がついた点ですが、まずこのスリムデザインは素晴らしいと思いました。

 

冷蔵庫のサイドに入るかな〜と思っていましたが、もう余裕でした。

 

ポット型浄水器

 

ポット型浄水器

 

ポット型浄水器

 

何と言っても厚さはiPhoneと同じくらいです。 高さも余裕でしたので、もっと早く買っておけばよかったなどと感じています。

 

そして浄水スピードですが、2Lで10分ぐらいでしょうか? 最後の給水分はそのまま冷蔵庫に入れてしまうので、実質10分以内なのです。

 

 

使い勝手はすごくいいです。

 

給水時も蛇口の高さより下ですし、取っ手も頑丈で持ちやすく、冷蔵庫でも邪魔になりません。

 

水を注ぐときはフタを後ろに軽くずらせばいいだけでラクラクです。

 

 

ちなみに交換フィルター(CPC5W-NW )は、2個入りで2380円、安いですね。

page top