人気No1の最新ウォーターサーバーは?

 

最新のウォーターサーバーで最も人気のある物をご紹介します!

 

現在人気No.1ウォーターサーバーは!?

 

CMでも話題のプレミアムウォーターです。

 

 

数多く出ているウォーターサーバー企業の中でも、特に伸びているブランドが「プレミアムウォーター」です!

 

お申込みはこちら↓

 

2018年3月時点での契約件数は、グループ全体で65万5000人ということです。

 

すでに需要も安定期に入ったと言う中で、昨年同月比で18万件増という驚異的な数字をたたき出したのです。

 

契約件数の伸びの秘密はデザインにあるというのは良く知られていることです。

 

同社のウォーターサーバーはオシャレなデザインが特徴で、テレビドラマのセットなどにもよく登場しています。

 

もちろん、デザインだけではなく、使用している水にも秘密があるのです。

 

「プレミアムウォーター」は地下からくみ上げた天然水を提供しているのはどのウォーターサーバーでも同じなのですが、この水が世界的な食に関する賞を受賞し続けているのも特筆すべき点といっていいでしょう。

 

ここでは売れているウォーターサーバーについてその秘密に迫ります。

 

 

プレミアムウォーターとは?

 

プレミアムウォーターは国内5か所の採水地の水を使っているのが特徴です。

 

最初は山梨県の富士吉田、島根県の金城、熊本県の南阿蘇だったのですが、これらすべてが『モンドセレクション』『iTQi(国際味覚審査機構)』を受賞しているのです。

 

その後、長野県の北アルプス、兵庫県の朝来からの採水が追加となり、全国でプレミアムウォーターは全5か所となりました。

 

プレミアムウォーター 採水地

 

この中でも、特に富士吉田の水は、6年連続モンドセレクション受賞ということですから、品質の面でも太鼓判を押されているのです。

 

採水において、水源を選定する上では安全性はもちろんですが、おいしさや飲みやすさに関わる水質バランスが大切です。

 

そして、なによりも重要なのが、その上に安定供給ができる水量があるかということです。

 

人気があっても、量が少なければ採算が取れません。

 

需要があることが大切で、その需要をまかなうことのできる、供給量がさらに大切となるのです。

 

そのため、物流面などをふまえて、プレミアムウォーターは採水地を厳しく選定し、その結果が全国に5か所となったのです。

 

これには、大きな狙いがあります。

 

東日本や西日本、さらには九州と複数の採水地・水源をもつことで、大きな災害があったとしても別の水源でカバーすることもできるのです。

 

なによりも、必要な供給量を止めることなく、安心・安全の天然水を届けることができるのが、プレミアムウォーターの大きな特徴であり、優れた点であるといえるでしょう。

 

 

人気の理由

 

最初に採水を始めた3か所の採水地によるプレミアムウォーターはさまざまな賞を受賞しています。

 

受賞歴は以下のようになります。

 

 

採水地:富士吉田

 

モンドセレクション2013〜2018年において優秀品質金賞受賞

 

iTQi優秀味覚賞2014、2017、2018年において3つ星受賞/2013、2015、2016年において2つ星受賞

 

 

採水地:金城

 

モンドセレクション2017、2018年において優秀品質金賞

 

iTQi優秀味覚賞2017、2018年において2つ星受賞

 

 

採水地:南阿蘇

 

モンドセレクション2015〜2018年において優秀品質金賞受賞

 

iTQi優秀味覚賞2015年において3つ星受賞/2016〜2018年において2つ星受賞

 

モンド・セレクションは食品関連でよく聞く名前ですが、実は金賞を取るのはかなり難しいのです。プレミアムウォーターはもちろん金賞を受賞しています。

 

こだわりの水質

 

天然水を提供する場合、多くの水は一度加熱します。

 

いっぽうで、プレミアムウォーターの天然水は非加熱にこだわっているのです。

 

ですから、水に溶け込んでいる溶存酸素が減少しにくいといった特徴があります。

 

そのため、自然本来のおいしさを利用者が味わうことができるのです。

 

加熱殺菌しないので、雑菌などを除去する高機能のフィルターをいくつも通して商品化しています。

 

また1時間ごとに水の検査を行っているのも品質管理の点でも重要です。

 

ウォーターサーバー 安全管理

 

そして、常に安全な商品を提供できるようにしているということです。

 

プレミアムウォーターの採水地はいずれも、国内有数の名水の産地です。

 

天然水の持つおいしさを維持しつつ、安全に提供している点が世界的に認められたといるのです。

 

そこが人気の秘密である点は間違いありません。

 

さらに、広域にわたる複数の採水地を持つことで、物流面だけではなくリスクの低減にも役立っています。

 

水へのこだわりと世界に通用するクオリティーこそが、プレミアムウォーターが利用者に支持されている最大のポイントといえるでしょう。

 

 

価格

プレミアムウォーター 価格

プレミアムウォーターのサーバーレンタル料は無料となっています。

 

さらに、一部例外はありますが、天然水の送料も無料です。

 

ということは、水代しか基本的にはかからないということになるのです。

 

水代についても業界最安価格での提供となっているので安心です。

 

 

基本は、12Lが1,960円です。

 

これは、契約年数が2年で、1セット2本からの注文となる場合の金額です。

 

そして、プレミアム3年パックで申し込むと、12Lが1本1,840円で、7Lは1本1,640円となります。

 

契約年数が3年になるといった縛りがあるのですが、長期的に使うことを考えると、3年契約のお得となります。

 

3年パックのようが安上がりであり、2年契約のものよりも安く、さらに他社と比較した場合でも、この3年契約によって、より安価となっているのも見逃せません。

 

お申込み・詳細はこちらから=プレミアムウォーター

 

水(採水地)の種類

 

プレミアムウォーター 南アルプス

 

プレミアムウォーターは5種類の天然水と5タイプのサーバーといったワンウェイ方式の天然水ウォーターサーバーとなっています。

 

一部サーバーでは送料・サーバーレンタル料も無料で毎月必要なのは水代のみとなっているのが嬉しいところです。

 

空気に触れにくいボトル構造となっているので、全てのウォーターサーバーで天然水を最後まで新鮮なまま飲むことができます。

 

お客様専用アプリ(無料)があるので、水の追加注文や次回配送日の確認・変更もカンタンに行えるのもポイント高いです。

 

採水場所は、

  • 富士吉田
  • 北アルプス
  • 朝来
  • 金城
  • 南阿蘇

といった全国5か所の地域からとなっています。

 

以下に簡単な特徴を示します。

 

 

産地:富士吉田(山梨県)

 

世界遺産の富士山が生み出す高品質の天然水

 

硬度:25mg/L

 

 

産地:北アルプス(長野県)

 

北アルプスの雪解け水がろ過された天然水

 

硬度:29mg/L

 

 

産地:朝来(兵庫県)

 

中国山地東部の地層にろ過された天然水

 

硬度:45mg/L

 

 

産地:金城(島根県)

 

島根の青い海と緑の大地が育んだ天然水

 

硬度:83mg/L

 

 

産地:南阿蘇(熊本県)

 

日本名水百選・平成名水百選の地の天然水

 

硬度:36mg/L

 

 

サーバーの種類

 



プレミアムウォーター

 

プレミアムウォーターのウォーターサーバーは、デザイン性に優れているのが特徴です。

 

無料レンタルサーバー「スリムサーバーV」などのカラーバリエーションはピュアホワイト・ベビーピンク・プラチナシルバー・プレミアムブラックと4種類から選択が可能です。

 

部屋のインテリアにこだわりを持っている人にとっては特に喜ばれることでしょう。

 

サイズもロングタイプとショートタイプの2種類がある点も見逃せません。

 

いずれも約27cm×約35cmと雑誌程度のスペースがあれば設置できる優れものです。

 

サーバーには、省エネ効果のあるエコモードを搭載しているのが特徴です。

 

部屋の明るさに反応する光センサーが寝ている間の電気代を約20%カットしてくれます。

 

電気代が少しでも安くなるのは、かなりうれしいことです。

 

そして、機械音などもほとんど気になりません。

 

他にもスタイリッシュなサーバーもあります。

 

外部空気の入りにくいウォーターボトルは、常にきれいな水を供給し続けてくれます。

 

そして、飲み終わった後はゴミとして小さくつぶして処分することが可能なのが嬉しい点です。

 

サーバーはボトルを上に載せるタイプが主流です。

 

いっぽうで、唯一『cado×PREMIUM WATERウォーターサーバー』はボトルを下にセットできるサーバーです。

 

これは、女性にも簡単にボトル交換をおこなえるようにこのサーバーを採用しているのです。

 

『マムクラブ』ではこの『cado×PREMIUM WATERウォーターサーバー』を通常のレンタル代よりお得にレンタルできる点もうれしいところです。

 

 

配達地域など

 

プレミアムウォーターは離島など一部地域を除くすべての地域に配送可能です。

 

ただし水の種類によっては配送できないエリアがあるようです。

 

無料配送エリア以外から注文する場合、済んでいるエリアによって送料が異なる点にも注意しましょう。

 

 

設置に関して

 

プレミアムウォーター マムクラブのお客様限定となるのですが、初回に限り「無料」でウォーターサーバーの配送、設置、出水確認、梱包材の回収をサポートするサービスを提供しています。

 

ただし、転倒防止ワイヤー、フック及びアース線の接続は対象外です。

 

設置に関する通常料金は8,000円(税抜)となります

 

基本的に、ウォーターサーバーの設置は自分でも簡単にできます。

 

設置する場所の確保、されにコンセント接続ができれば基本的にどこでも大丈夫です。

 

もっとも、水を扱うものですから、利用しやすい位置に設置することが望まれます。

 

 

電気代に関して

 

プレミアムウォーター 電気代

 

プレミアムウォーターのサーバーの電気代がいくら位なのか見てみましょう。

 

プレミアムウォーターのサーバーは温水・冷水機能のほか、機種によって仕様が異なっています。

 

さらに、省エネモードやクリーン機能搭載など、用途に応じて選択できるようになっている点にも注意が必要です。

 

仕様が違うということは、電気代も違うということです。

 

1か月にすると数百円くらいとしても、年間にすると数千円の違いになるので少しでも安く抑えたいものです。

 

プレミアムウォーターのサーバーごとの電気代を比較してみます。

 

 

プレミアムウォーター 1か月の電気代

スリムサーバーV  約770円 約620円(エコモード使用時)
amadana スタンダードサーバー約1,100円
cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー 約770円 約620円(エコモード使用時)
amadanaウォーターサーバー約980円

 

このように、スリムサーバーVとamadana スタンダードサーバーでは1か月に電気代が480円の差があるのです。

 

1年にすると5,760円になりますから、ボトル3本分くらいの差になる計算です。

 

普通に使う電気代だけで3本分となるとこれは大きいといえます。

 

せっかくの低電力であっても、使い方次第で電気代がかかることもあります。

 

 

電気代を安く抑えるポイント

 

直射日光の当たる場所に置かない

 

最近は室内が明るくなるように設計されている家が多いので注意が必要です。

 

サーバーに直射日光が当たってしまうと、サーバーが熱を持ち水温が上がってしまうのです。

 

当然冷やそうとする力が働くので、余計に電気代がかかることになります。

 

置き場所を選ぶだけで消費電力を抑えられるということです。

 

それさえ気を付ければほぼ定格通りの電気代で使えるということになります。

 

プレミアムウォーターの詳細は↓こちらから!